エプロンを着ける

幼稚園児が制服を着用していると同様にエプロンを着ける

幼稚園に通う園児たちは、園に行くときにはほぼ制服を着用して通園するということになっています。これは、中学生や高校生が制服を着て学校に通うということとほぼ同じであるということと同様です。他方で、幼稚園に勤めている教諭も園児と過ごすときにおいてはエプロンを着用しています。すなわち、園児と同様に教諭も幼稚園という空間で過ごすときには着用という共通点を保有しているのです。

幼稚園の教諭は園児と共に同一の場所で過ごすという類似点を持つ他に、着用という状態を共有しているのです。幼稚園児は制服を着用し、教諭はエプロンを着て互いに決まった時間を過ごすという日常を送っています。
園児たちは制服を着ることによって、通っている園に所属しているということを周囲に示すことができるのです。さらに、保護者においてもその指定された服を着させることでそこへ通園していると主張することが可能です。すなわち、幼稚園の制服には所属しているということを証明している役割を果たしているのです。
他方で、幼稚園教諭に関してはエプロンを身に付けることで園児や保護者に何者であるのかを言うことができます。このとき、身に付けているものに名前などを示すことで身分を明らかにするということができるようになります。
なお、幼稚園に中学生などの職場体験を受け付けるときにおいてはエプロンを着用させるという手法があります。他にも、代わりの服として体操服で体験をさせるという手段も提示するということができます。

幼稚園児と教諭においては、いくつかの共通点を持つ他に別の点で類似するものを見つけることができます。互いに着用するという行為を通じて、周囲に向かって認識をさせるということを行えるのです。それと同時に、お互いに身分を明白にすることができるという面も持ち合わせていることになります。
学校の制服が生徒の身分を示しているのと同様で、園児についても同じ効果が生じているのです。加えて、名札を着用させて名前を提示するという点では教諭と似ている点があるということを指摘することが可能です。
そのため、制服とエプロンは決められた服装という以外にも別の側面を保有しているということになります。園児と教諭は着るという行為を決められた時間内ですることで、その時の間は身分をわからせることができるのです。この方法は、それぞれの身分を伝えるという方法の一つとしてカウントすることが可能です。